toggle
2021-04-22

繊細で敏感な気質を守るフラワーエッセンス

ガラスジャーに生けられた黄色い水仙

こんにちは、はなねこです。

日差しが強くなってきたので、お散歩用にサンバイザーを購入しました。
日傘をささなくて良いですし、狭い道ですれ違うときも邪魔にならず、とても便利です。

*   *   *

さて今回は、繊細で敏感な気質を持っている人に役立つフラワーエッセンスをご紹介したいと思います。

私自身が繊細で敏感な気質を持っている人間のようで、その気質ゆえに生きづらさを感じることも多くありました。

性格や考え方が原因の生きづらさは、大人になるにつれて解消していくことがあるのですが、元々の気質を変えることは難しいですよね。

フラワーエッセンスにはオーラ保護を目的としたエッセンスがあり、そのエッセンスを使い始めてから、繊細で敏感な気質からくる生きづらさが減り楽になったと感じています。

繊細で敏感な気質対策はフラワーエッセンスの得意分野です!
お悩みの方はぜひ参考になさってください。

オーラの質の違いを知っておく

私は以前、オーラの層を9層まで見られるという方のセッションを、健康診断のつもりで毎年受けていました。

その方がおっしゃるには、オーラの質は大きく分けて2つあり、繊細な人はオーラの粒子が細かくて、そうでない人はもっと粒子が粗いのだそうです。

そのどちらにも良さがあって、オーラの粒子が細かい人は感受性が豊かで細やかな気遣いができるし、粒子が粗い人は行動力があって現実をどんどん変えていける、とのこと。

私は粒子の細かいタイプだそうで、そこで初めて自分が繊細なタイプなんだと知りました。

余談ですが、モーツァルトの楽曲を聴いていた頃にオーラを見ていただいたら、「頭の周りのオーラがすごく変わってますけど何かしましたか!?」と驚かれたことがあります。

どうやら、モーツァルトの楽曲が脳に良いというのは本当みたいです。

オーラの境界線について

繊細さや敏感さは、日常生活でネックになることが多く苦労しますよね。

ですが、その気質は、魂が今回の人生の目的を果たすために必要だから携えてきたものです。

自分にとって強みになる大切な気質ですので、まずは繊細であることを受け入れて、守りながら生かす方針でいきましょう!

フラワーエッセンスでできることは、自分の気質を変えることなく強くして、オーラの境界線を補強することです。

繊細で敏感な気質を持つ人は、オーラの粒子が細かいがゆえにオーラの境界線が薄くて曖昧になっています。

そのため、エネルギーを感じる能力や人の気持ちに共感する能力などに長けているのですが、いつでもその能力を使っていると疲れてしまいます。

また、境界線が曖昧だと他の人の領域にも入り込みやすいので、他の人のためにも補強した方が良いと感じます。

ということで、日常生活ではオーラの境界線を補強しておきましょう。

繊細さ・敏感さ対策におすすめのフラワーエッセンス

フラワーエッセンスの色々なメーカーから、オーラ保護を目的にしたエッセンスが販売されています。

その中で、私が使ったことのある2つのエッセンスをご紹介します。

アラスカンエッセンスの「ガーディアン」

アラスカンエッセンスの「ガーディアン」

4つの植物・1つのジェム・1つの環境エッセンスから作られたコンビネーションエッセンスです。

ドロップタイプとスプレータイプがあります。スプレータイプは精油が入っているので外用のみです。

こちらのエッセンスは私が日常的に使っているエッセンスで、過去記事でもご紹介したことがあります。
当時の私はスプレーを作って使っていたようですね。

アラスカンエッセンスのセミナーでジュディスさんが、「敏感すぎるところが気になる人は、ストックボトルからトリートメントボトルを作り、4~6週間飲んでみてください。」とおっしゃっていました。飲んでいるうちに、オーラの穴などが修復されるそうです。

それを聞いた後にトリートメントボトルで作った1本を飲みきり、現在は外出する前にストックボトルから2滴飲んで出かけています。

このエッセンスは、「安心できる自分と空間を作る」という感じのエッセンスで、使っていると落ち着きや安心感を感じられるので気に入っています。

聴覚や嗅覚などの五感が敏感で過剰に反応してしまう人や、他の人の感情に同調しすぎてしまう人におすすめのエッセンスです。

FESの「ヤロー環境フォーミュラ」

FES「ヤロー環境フォーミュラ」のパンフレット

海塩をベースに、オーラを修復し強化する働きを持つヤロー・エケネイシャ・アルニカというキク科の植物から作られているコンビネーションエッセンスです。
フラワーエッセンスだけでなく、ヤローとエケネイシャの抽出液も入っています。

ドロップタイプとスプレータイプがあり、こちらはスプレーの方も飲用できます。

「このエッセンスでないと!」というファンの多いエッセンスですね。私は「ガーディアン」に出会うまではこちらのエッセンスを使っていました。

1986年に起こったチェルノブイリ原発事故の後に要請を受けて開発されたもので、電磁波過敏症のようなテクノロジー由来のエネルギーに敏感な方におすすめのエッセンスです。

現代の私たちは電磁波をたくさん浴びて過ごしていますので、こういうエッセンスは1つ持っておきたいですね。

私は家電量販店に行くと、音と電磁波のせいかぐったりしてしまうので、そういうときに使うと良いのかもしれません。

おわりに

今回は、繊細で敏感な気質に対する対策として、2つのコンビネーションエッセンスをご紹介しました。

繊細で敏感な気質に対しては、フラワーエッセンスを1瓶飲んだらもうOK!とはならず、日頃からオーラの補強としてたびたび使うことになると思います。

オーラ保護のエッセンスといっても、それぞれに特色が異なるので、説明を読んでピンときたものから試してみてくださいね。

初めて使うときは、4~6週間続けてお使いになることをおすすめします。

また、フラワーエッセンス以外でも、自分に役立つアイテムはどんどん使ったり、自分を心地よい環境に置いてあげたりして、ストレスを減らしていきましょう。

最後までお読みくださりありがとうございます。

それではまた!

Instagram

関連記事